最新情報

町家有効活用実践の会から
築180年の町家物件の紹介です。

江戸時代後期の建築で、昔は富山の薬売りの定宿として旅館を営んでいた建物です。
平格子をデザインコードとしてルール化しています。
季節感あふれる暖簾で、四季折々の雰囲気を醸し出すことができる希少な町家の一つだと思います。

場所:京都市中京区富小路通三条上ル
区画:1階 約27坪
条件:相談
現状:美術はがきギャラリー京都便利堂
時期:令和2年3月以降
お問合せ:SHOPNET Inc. 03-3868-9531



最新情報